HANAZONO

白花常盤碇草| トキワイカリソウ

b0184053_21315722.jpg






EOS-1Ds Mark III | EF85mm F1.2L II USM





[PR]
# by hanazono-1 | 2017-04-14 22:10 | 碇草|イカリソウ

季節のあとさき

b0184053_23454063.jpg








EOS-1Ds Mark III | EF85mm F1.2L II USM





[PR]
# by hanazono-1 | 2017-04-14 00:02 | スナップ

接骨木|ニワトコ

b0184053_22485945.jpg


大変ご無沙汰しております
冬眠しておりました

奥能登は桜が咲き始めています
田んぼに水が張られるようになり、カエルも冬眠から目覚めたようで ケロケロと可愛い声が聞こえてきます。

写真は接骨木の新芽。
ぴょ〜んと、元気よく飛び跳ねたカエルを思わせ思わず頬が緩みます。




EOS-1Ds Mark III | EF85mm F1.2L II USM






[PR]
# by hanazono-1 | 2017-04-08 22:58 | 接骨木|ニワトコ

野花をいける

b0184053_1753387.jpg


11月に入り一気に冷え込むようになりました。
野山も美しく色づき始めています。

息を呑むような鮮烈な紅葉は能登ではみられません。
冬を孕んだような褐色を混ぜ込んだ照葉は
それはそれでどこかほっとする優しい秋への想いを運んでくれます。





水楢(ミズナラ)照葉、野路菊、赤松苔枝|珠洲焼掛花入れ






[PR]
# by hanazono-1 | 2016-11-08 18:06 | スナップ | Comments(2)

野花をいける

b0184053_215177.jpg



枯葉を光背に見立てて。





貴船菊、朴の枯葉|古銅曽呂利




EOS-1Ds Mark III | EF24mm F1.4L II USM




[PR]
# by hanazono-1 | 2016-10-27 21:58 | スナップ

雄山火口|オヤマボクチ

b0184053_21522259.jpg


久しぶりに山に出掛けてきました。
この季節、頂上付近の斜地に雄山火口の花が咲いています。
この花が咲く地には 秋の麒麟草も一緒に眼にするることができます。

枯れた花や葉の繊維を火種(火を移す火口)にしたことが名の由来で、
葉の繊維を蕎麦のつなぎにしたり、草団子にする地方もあるようです。
若菜は天麩羅に、根は味噌漬けに、花はお茶花に喜ばれます。








EOS-1Ds Mark III | EF24mm F1.4L II USM




[PR]
# by hanazono-1 | 2016-10-23 21:53 | 雄山火口|オヤマボクチ

野花をいける

b0184053_9228.jpg


前回のエントリーの地植えの晒菜升麻は1m超えの大株でした。
こちらは鉢で締めてつくった株で30cm未満の小振りなものです。
掛け花にはこのくらい粗々とた風情が合うように思います。

庭の片隅で静かに色付いたクチナシの照葉を季節の彩りに添えて。 





晒菜升麻(サラシナショウマ)、苗代苺(ナワシロイチゴ)、梔(クチナシ)照葉
竹籠掛花入れ(林まさみつ作)、垂撥(自作)





[PR]
# by hanazono-1 | 2016-10-18 09:17 | スナップ | Comments(0)