HANAZONO

カテゴリ:能登半島( 54 )

竜ヶ崎灯台にて

b0184053_21325485.jpg


この水平線が美しいのは

どこかに君を隠しているから....







EOS-1Ds Mark III | EF24-105mm F4L IS USM





[PR]
by hanazono-1 | 2016-09-08 21:04 | 能登半島

双子座流星群

鴨が浦にて。
竜ヶ崎灯台の灯りと漁火とともに
b0184053_17535271.jpg


夜中、窓から東の空を見ると満天の星空
すっと流れる流星も幾つか目にできました。

この時期に奥能登でこんなに星空が見えることなど「まんで」稀なこと!
急いで支度をして鴨が浦に出掛けました。

見上げるとけっこう頻繁に流星が見えます。
それ以上に感動したのは灯台の灯りのなんと明るいこと!
天空から水平線に一筋の光りの弧が描かれています。

水平線の向こう側
雲に反射した漁火の光りが幻想的です。

試行錯誤の末、
なんとか一筋の流星を写しとどめることができました。











EOS-1Ds Mark III | EF24mm F1.4L II USM
[PR]
by hanazono-1 | 2015-12-15 18:05 | 能登半島 | Comments(2)

袖が浜の落日

b0184053_20523232.jpg


日が随分と長くなり、
仕事帰りに写真を撮りに出かけるのが楽しみになっています。


袖が浜海岸は弧を描くような浜を有する地元の海水浴場ですが、
この時期ちょうど海に沈む夕日を眺めることができます。
東山魁夷が唐招提寺の壁画の構図に参考にした美しい砂浜です。


夕凪の静かな渚で陽が沈むのを眺めていると心が癒されます。








EOS-1Ds Mark III | EF85mm F1.2L II USM
[PR]
by hanazono-1 | 2015-05-28 21:01 | 能登半島

能登國雪景09

琴ヶ浜を臨む
b0184053_22492350.jpg


今日も小雪の散らつく 寒い一日でしたが、昨夜から積もった雪はすぐに消えてしまいました。

「九九消寒」といいますが、確かに冬が遠のいてゆくのを感じます。


温かな春は待ち遠しいのですが、
厳冬の雪景色にさよならするには 少し後ろ髪を引かれる想いもします。








EOS-1Ds Mark III | EF24-105mm F4L IS USM
[PR]
by hanazono-1 | 2015-03-11 22:56 | 能登半島 | Comments(2)

窓岩

曽々木海岸
b0184053_23591614.jpg



あなたの窓から見える景色はどんなだろう











EOS-1Ds Mark III | EF24-105mm F4L IS USM
[PR]
by hanazono-1 | 2015-02-12 23:59 | 能登半島 | Comments(2)

能登國雪景 08

白米千枚田
b0184053_21484698.jpg


人の暮しの営みが育む 造形美

降り積もりはじめた雪の白さが その美を一層に際立たせていた








EOS-1Ds Mark III | EF24-105mm F4L IS USM
[PR]
by hanazono-1 | 2015-01-19 22:14 | 能登半島

能登國雪景 07

義経の舟隠し
b0184053_17462459.jpg


断崖の小径の行き止まり「義経の舟隠し」

この断崖は盛夏、野生の花園と化し
真夏の太陽のもと橙色の小鬼百合の群落と金色の歌仙草の群落が岩場を彩る



あの夏の光と陰はどこに行ってしまったのだろう....
すべてが幻であったかのように、真冬の厳しい姿が迫ってくる










EOS-1Ds Mark III | EF24-105mm F4L IS USM
[PR]
by hanazono-1 | 2015-01-15 18:04 | 能登半島

能登國雪景 06

最果ての黒松林
b0184053_21205163.jpg


生きとし生けるもの
凡てが眠りについているかのような

名もなき最果ての岬にて








EOS-1Ds Mark III | EF24-105mm F4L IS USM
[PR]
by hanazono-1 | 2015-01-13 21:33 | 能登半島

能登國雪景 05

緑の砂漠
b0184053_0182737.jpg


能登は一見、「自然」が豊かに見えるが山に限れば かなり人の手が入っている。
山全体が人造林というのも珍しくなく、本来の落葉広葉樹林の森を探すのが難しいほどだ。
花粉症の人がその山容を観れば、恐怖すらおぼえるのではないだろうか。

びっしりと過密に植林された針葉樹の森は黒々として、ただでさえ暗い能登の冬を陰鬱にさせる

間伐されず放置された森は林床まで光が届かず、驚くほど他の草木の気配がしない。
人の手を加えてしまった環境は人の手できちんと管理維持することで里山としての美しさを保つ。
しかし、それを怠ると人造の自然は「緑の砂漠」と化してしまうことを忘れてはならない。








EOS-1Ds Mark III | EF24-105mm F4L IS USM
[PR]
by hanazono-1 | 2015-01-09 00:35 | 能登半島 | Comments(4)

能登國雪景 04

欅(ケヤキ)
b0184053_21384694.jpg


真っ白な林道を右に下ると眼前に綺麗に雪化粧した欅(ケヤキ)が出迎えてくれた
灰青の空に向かって帚を逆立てたような独特の樹形が美しい


欅の名の語源は「際立って目立つ、美しい」といった意味の「けやけし」に由来し、
「けやけき木」の略、または変化からと考えられている。
欅は木目の美しさでも貴重なきであり、輪島塗の椀木地には通常 欅が使われると聞く








EOS-1Ds Mark III | EF24-105mm F4L IS USM
[PR]
by hanazono-1 | 2015-01-07 21:55 | 能登半島