HANAZONO

2017年 06月 01日 ( 1 )

野苦菜|ノニガナ

b0184053_21505489.jpg

開花を待つ蕾
盛りの黄色い花
咲き終わってしぼんだ名残
そして、綿毛

一本の路傍の花に目紛しいほどの命の移ろいを見る



「いつどこでどんな野の花が咲いているのか」

「野の花手帖」と銘打って、5月から肌身はなざずノートをとっています。
山にも野にも里にも、そしてアスファルトの道端にも
折々の花が咲き巡っていることに 想い馳せる日々です






[PR]
by hanazono-1 | 2017-06-01 22:03 | 野苦菜|ノニガナ